.





さりげない支えあいができる湖南市にするために。



  • 記事更新日


  • 記事作成日



福祉においてさりげない支えあいとは?


湖南市で特に全国から注目されているのは、発達障がい者支援を含めた障がい者の福祉。

私の好きな言葉である「自覚者が責任者」もそうですが「さりげない支えあい」も福祉においては重要だと考えています。

誰もが自分らしく、この地域でいきいきと生きられるようにするためには、支える人たちだけが必死になればいいというわけではありません。疲弊してポキっと折れたらもう支えることができなくなる。そうではなく、みんなが少しずつ支えていく社会。その結果、強固なセーフティネットが実現する。それが「さりげない支えあい」です。

インクルーシブな湖南市が注目を浴びています。


湖南市では、全国に先駆けて発達支援システムを築きました。発達障がいに対して、乳幼児健診、保育園・幼稚園、小学校、中学校というそれぞれの発達段階で、早期に発見して、専門機関が情報を共有し、必要な対応をしています。保健・医療・福祉・教育・就労とあらゆる行政サービスが切れ目なく提供されるシステムとなっています。

発達障害者支援法のモデルとなり、内閣総理大臣賞を受賞したこのシステムは、市役所内だけでしか通用しませんでしたので、障がいのある人が地域でいきいきと生活できるための自立支援に関する湖南市条例を制定し、行政の役割、市民の役割、事業者の役割を定めました。市民にはさりげない支え合いの責務が、事業者には民間企業であれば障がい者雇用の、民間保育園・幼稚園であれば特別支援の努力をする責務が課せられました。

「湖南市ではよそで感じる刺すような視線が感じられない」
障がい当事者やその保護者から聞く声からは、障害のあるなしに関わらず、地域で生き生きと暮らしていくことのできるインクルーシブな社会が根付いていることがわかります。
わが国障害者福祉の父とされる糸賀一雄の理念が息づくまちでもあります。

人口減少で地域福祉の姿が変わってくる。


日本の人口と同じように湖南市の人口も減少します。しかも、高齢化が急速に進んできます。今までと同じようなサービスは支えられなくなる可能性があります。

そこで、これまでバラバラに取り組まれていた医療と介護を一体的に確保していこう、その先には地域と家庭を大切にしようという方向性が打ち出されました。地域包括ケアといいます。湖南市も迫り来る高齢化社会を少ない人口で支える準備をしていかなければなりません。
子育てはこれまでの年金、医療、介護という社会保障の柱に4本目の柱として加えられました。認定こども園や小規模保育も動員しながら、就学前の保育・教育の確保を進めますが、まだまだ十分とはいえません。
障がい者福祉も含めて、地域で全体としてうまく回るためには、地域まちづくり協議会を単位とする地域運営と地域福祉が重要になってきます。生活困窮者、外国籍市民、高齢、子ども、障がい・・・、市民がそれぞれ抱える日々の悩みを考え、支えあえる湖南市でありたいと考えています。



福祉に関する
湖南市の情報が知りたい?



湖南市長、今日も更新するってよ。

湖南市長メディア

令和2年の世界

2020-01-05教えて!政治のこと

総合教育会議

2019-12-16教育・子育て・スポーツ

実戦的消防訓練

2019-12-16防災・防犯

ロータリークラブ福祉フェスティバル

2019-12-15福祉・医療

三雲駅周辺整備事業完成記念式典

2019-12-15まちづくり

医学と公共政策の連携

2019-12-14福祉・医療

公共圏における科学技術政策

2019-12-14教育・子育て・スポーツ

道路整備に関する勉強会

2019-12-13建設

区長会議

2019-12-13まちづくり

ソロプチミスト甲賀よりご寄付

2019-12-13まちづくり

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。