.

滋賀県市町村職員互助会理事会

【滋賀県市町村職員互助会理事会】 予定時刻より10分早く、13時20分から大津市の滋賀県厚生会館で開かれた一般財団法人滋賀県市町村職員互助会理事会に理事長として出席しました。

滋賀県市町村職員互助会は、市町村職員の福祉増進による住民福祉向上を目的とし、滋賀県内の6市6町その他広域連合や一部事務組合、公共的団体などで構成されています。

本日の主たる議題は平成30年度の事業報告と決算の承認です。

また、公益目的支出計画実施報告書や、評議員会の招集についても議題とされました。

また、みんなのウォーキングのキャラクターを決定し、14時25分に終了しました。

なお、主な事業報告として次のように説明がありました。

福利事業としての結婚祝金は27件増加し、出産祝金も第3子以降が10件増えている。

住宅取得等費用助成制度は消費増税を控えて駆け込みが多く、住宅資金融資制度も増加している。

厚生事業では、ドック補助金は1泊2日ドックが減少している。

リフレッシュ事業の施設利用補助では、東京ディズニーが初めて1000件を突破、ナガシマリゾートも急増している。

企画旅行は減少している。

子育て支援事業として月刊『赤ちゃんとママ』の購読は減少したが月齢別情報誌『わくわく育児』の購読は増加している。

保険事業としては、公務員賠償責任保険の加入者が増えている。

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。