.

近畿国道連絡会総会

9時30分から衆議院第一議員会館で開かれた平成30年度近畿国道連絡会総会に出席しました。

近畿国道連絡会は道路整備の促進、適切な維持管理の支援を行うために近畿各府県の国道連絡会が会員となり組織されています。

開会前に着席していると、近畿各市の市長がごあいさつに来ていただきました。

大阪府北部地震、西日本豪雨で災害対応でいろいろと連携を取っていましたが、いずれも電話連絡であったため、わざわざお礼を述べに来ていただいたものでした。

最初に、会長の福知山市長からあいさつがあり、来賓として各府県の幹部職員が紹介されました。

次に、議事に移り、会長である福知山市長が議長となりました。

まず、事務局から平成29年度事業報告・決算報告があり、監事を代表して滋賀県国道連絡会長である近江八幡市長から監査報告が行われ、質疑・意見なく承認されました。

次に、事務局から平成30年度事業計画・予算案について説明があり、湖南市長から、議案についてではなく、総会後に開催される各府県国道連絡会の研修会に国土交通省幹部職員を招いているようだが一斉に開催すると人選に困るのではないかと思い、配慮が必要ではないかと発言し、議案は他に質疑・意見なく承認されました。

次に、事務局から負担金改定について説明があり、質疑・意見なく承認されるとともに、事務局から役員人事案が説明され、質疑・意見なく承認されました。

ここで福知山市長は議長席を降り、新会長に選出された敦賀市長が就任のあいさつをしました。

ここからは新会長である敦賀市長が議長となり、姫路市長から総会決議案が朗読され、満場の拍手により採択され、10時5分に終了しました。

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。