.

ブラック議員

( ̄▽ ̄)b そうか、3年前の今日はこういう投稿をしていたのか。

ブラック市長がいるというコメントもありましたが、ブラック議員だけでなくブラック市民もいるとみなさんに話題を広げていただきました。

まさにみなさん民主的センスが磨かれていると思います。

ただ、FBお友だちの期待に反して流行語にはなりませんでしたが。

ーーーーーーーーーー。

Facebookお友だちの投稿に『ブラック議員』という文字がありました。

おお、これは、と読んでみると、議員としての最低限の知識や資質もなく、発言が論理的に無茶苦茶であるにも関わらず、要求だけは人一倍強欲にする議員、というものであるようです。

たまたま当選したら何でもありというもので、他人の足を引っ張ることだけは一人前で、恐らく公約などしたことすら覚えていないのでしょうし、それよりも公約などは当選するための方便で、当選してしまえばその事実が公約に優先するとでも思っている議員のことを言っているようです。

有権者から政治を託されたという認識すらなく、自分がしたいことをするのが議員だとまったく意に介しない議員を、私のFacebookお友だちは『ブラック議員』と呼んでいるのでしょう。

そして、この『ブラック議員』という言葉が今年の流行語大賞を受賞すれば、そうした議員は一掃されるのではないかと期待しているようです。

お友だちの投稿にセンシティブに反応してしまいましたが、流行語大賞を狙おうとしているようですので、少しお手伝いをさせていただきました。

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。