.

シェイクアウト訓練

本日は22年前に阪神淡路大震災が起きた1月17日です。

9時から市役所でシェイクアウト訓練を行いました。

担当から市長はホール中央に配置してくださいと言われていましたので、9時の『ただ今から、地震対応訓練を行います.ご来庁中のみなさまならびに職員は、姿勢を低くして頭を守り、揺れが収まるまで動かないなど、身の安全を確保する行動をとっていただきますよう、ご協力をお願いします』との庁内放送を受けて、壁際に移動して頭を抱えてしゃがみこんでいました。

すると、テレビ局がやってきて『ここにおられたんですか、ちょっと待ってください』とテレビカメラを呼びに行きました。

取材に来ているのを聞いていなかったので、どうしたものかと思ってそのまま地震が収まるのを待っていましたが、カメラが来たのでどうもホールは危ないということで、10メートルほど身を低くしたままカウンターの下に潜り込む行動に移りました。

テレビカメラはカウンターの下で丸まっている絵を撮影していきました。

ほどなく『訓練を終了します.災害対策は日頃からの心構えが重要です.職場や学校、ご家庭でいざというときの避難経路や連絡方法を確認しておきましょう』という庁内放送が流れ、訓練は終了しました。

テレビクルーから『地震発生時に職員の動きがゆっくりでしたが』という質問があったので『これを繰り返していくことで、地震発生時にはすぐに頭を低くして守り動かないという行動を体に覚え込ませていく』と答えました。

また、『こういう訓練を職員が行うことの意義は』と聞かれたので、『まずは職員が自らの身を守ることで、そのあとの市民の安全を守ることにつなげることができるのと、こうしたことを通じて市民に対する啓発につなげていく』と答えておきました。

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。