.

滋賀県内で鳥インフルエンザ陽性

4日に草津市で回収されたオオバン(リスク種2)の死骸から、本日の遺伝子検査によりA型インフルエンザウイルス遺伝子陽性が確認されたとの連絡がありました。

病性は未確定であり、高病原性鳥インフルエンザであるかどうかは不明です(今後、鳥取大学で確定検査が行われますが、その後、陰性とされる場合もあります)。

現在、滋賀県では、環境省の定めた警戒区分のうち、国内複数箇所発生時の『対応レベル3』で対応されています。

対応レベル3では、オオバンのようなリスク種2の死骸が発見された場合は1羽から遺伝子検査が行われています。

湖南市ではおおむね西半分の地域が野鳥重要監視区域となります。

鶏舎等では野生鳥獣の侵入を防ぎ、消毒等の徹底が求められます。

野鳥の死骸を見つけたときには、必ずしも鳥インフルエンザウイルスを持っているとは限りませんが、素手で触らずに、速やかに発見場所の住所地を管轄する県森林整備事務所か市町までご連絡ください。

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。