.

平成29年東寺新年会

18時から湖南市東寺の東寺多目的集会所で開かれた『平成29年東寺新年会』に来賓として出席しました。

東寺区は永らく明治の村の組織として総代制度を布いて来ましたが、数年前に大改革を行い、行政区、農業実行組合、生産森林組合、檀徒会、信徒会などの運営を独立させ、その他の事務は東寺行政機構という組織を設立して分担させるとともに、婦人会や青年会、仏教婦人会、長寿会、消防団などの諸組織と連携をするかたちにしました。

そうしたさまざまな組織が一堂に会するのが東寺新年会です。

ミシガンに続いてダブルヘッダーなので、到着したときには『もう飲めない』と死にそうな顔をしていたらしく、行政機構代表はあいさつの最後に『例年、市長から苦情をいただいておりました大きな盃については、今年新調をして小さな盃に替えましたので、安心してみんなと盃を交わしてください』と付け加えていただきました。

まあ、飲み始めれば復活するのですが。

行政機構代表のあいさつに続いて、来賓の市長と白山神社宮司から新年の賀詞を述べました。

市長からは『湖南市の最先端の取り組みは東寺村がモデルになっているので、引き続きご指導いただきたい』とあいさつをしました。

仕出しは湖南市三雲の橋本屋からでした。

みなさんと酌み交わしながら、教育や安全安心や外国籍市民問題や高齢化などさまざまな課題について議論を重ねました。

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。