.

宸襟を悩ます

(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`) お上の思し召しのありかは極めて明確であるにも関わらず、帝國憲法下においても日本国憲法下においても、為政者のことなかれだけは変わらない。

先帝もこの為政者のことなかれに宸襟を悩まさせられながら、破局的段階で国家と国民を難局から二度にわたり救わせられたもうた。

お上が常に普く国民の安寧を祈らせられ続けるなか、為政者は皇統の行く末を御軫念遊ばされるお上の大御心を拝察しながらも、何事も決め兼ねている。

統帥権干犯や天皇機関説と同様、講学上の神学論争ばかりであり、わが国の為政者には戦前も戦後も憲政を運営する能力に欠ける嫌いがあるのではなかろうか。

[12/14 12:51 時事通信] 天皇退位をめぐる政府の有識者会議は、将来にわたる退位の制度化は難しいとの認識で一致した。

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。