.

滋賀県消防協会甲賀広域支部年末意見交換会

18時から滋賀県消防協会甲賀広域支部の年末意見交換会が開かれ、支部顧問として出席しました。

支部長は岩永 裕貴甲賀市長です。

これまで、支部長と顧問がこうした場で一緒になることがありませんでしたが、今日は朝から晩まで甲賀市長とご一緒しています。

とりわけ、両市民の安全・安心に直結する消防業務において意思疎通が困難を極めていたものが、円滑な連携をできるようになって安堵しています。

午前の公立甲賀病院にしても、甲賀市と湖南市で構成される甲賀保健医療圏15万人の生命と健康をどう守るかの問題であったことから、両市長で共同記者会見が実現できたことは嬉しいことでした。

岩永支部長のデビューでしたので、支部顧問としても欠席することなく会議は対応しましたが、意見交換会で私がお酒を酌み交わせないことだけには閉口しました。

水よりも濃いものを舐めるだけで消防関係者と対峙することは滅多にありませんので戸惑うばかりでした。

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。