.

中世山城『三雲城』

湖南市内の中世山城のうち最大の『三雲城』。

甲賀郡内でも随一の規模であるといわれています。

三雲城には、六角家の重臣である三雲定持、その子賢持、成持らが依拠しました。

三雲氏は上洛途中の織田軍に観音寺城を追われた六角義賢らを三雲城に迎え入れ、ゲリラ戦法で織田軍を悩ませました。

その後、三雲氏は織田軍の佐久間信盛に攻められて降伏、城材は中村一氏により水口岡山城築城に流用され、現在は土塁、堀切、空堀、枡形、土橋、石垣、井戸などの遺構があります。

曲輪の虎口が巨石を用いた石垣造りの枡形となっており、さらに曲輪には井戸も遺っています。

その三雲城を再現したジオラマが市役所ロビーに展示されています。

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。