.

明石機械工業創立70周年記念寄付車両贈呈式

14時30分から市役所玄関において、明石機械工業株式会社から創立70周年を記念した寄附車両の贈呈を受け、感謝状を贈呈させていただきました。

明石機械工業は兵庫県加古郡に本社がありますが、湖南市の湖南工業団地に立地していた新日本機械工業と平成19年に合併しており、そのまま滋賀工場となっています。

湖南市に隣接する竜王町にあるダイハツ工業の関連会社で、エンジン内のカムシャフトを年間150万本生産するなど、日本のものづくりの主力である自動車工業になくてはならない存在となっています。

本日、11月25日が昭和21年に明石機械工業が創立して70周年の記念の日に当たることから、湖南市に対して公用車両を寄付いただいたものです。

寄贈いただいたのはダイハツタントですが、フレンドシップシリーズといって助手席に昇降シートが装備されているものです。

センターピラーがないためにウェルカムシートと呼ばれる昇降シートはスムーズに、かつ車高が高いためにぶつかることなく車内に収納されます。

試乗してみましたが、静かな動きで安心して乗車できます。

水谷社長が自らお越しいただき、ご寄付をいただきましたので、今後は地域福祉の向上のため公用車として広く活用していくこととしています。

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。