.

「ここぴあ」のねらい

あまりにも投稿がつまらなかったので、久しぶりに『ここぴあ』に行ってみました。

こばやし忠店長がみかんの詰め放題のレコードは自分が樹立した23個だと言うので、店頭でもくもくもくもくと袋にみかんを詰め続けた結果、26個も詰まっていました。

店長のレコードを簡単に破ってしまってスミマセンです。

店長と話をしていて、花野果市を利用していない甲賀市の農家から、『甲賀市民ですが、ここぴあに出荷できるのでしょうか?』という問い合わせもあったそうで、とてもうれしくなりました。

それこそ『ここぴあ』の指定管理者をJAこうかとした狙いのひとつだったからです。

『ここぴあ』は湖南市の農業を大転換するだけでなく、甲賀市や周辺市町の農業も大きく変え、ここに農業者も消費者も集まって交流することにより、全体として起爆の影響を湖南市にもフィードバックさせようというものです。

ちょうど、甲賀市のFBお友だちである山本晃幸さんが正月用の鏡もちをデコレーションしていました。

大晦日まで働くそうで、大晦日に店舗を開けるのはJAこうかの中でも『ここぴあ』だけで、しかも初めてのことだということです。

新しい挑戦に期待したいと思います。

店長から、湖南市正福寺のすまっぴー正福寺が出荷したトウモロコシを、一度食べて美味しかったからと買いに来たおばあさんが、実はひきこもりがちだったと打ち明けたので、すぐ農家に電話して来てもらったという話も聞きました。

また、隣が畑なので、野菜が売れて足りなくなってくると、窓を開けて、そこで働いているTIK農産の従業員に、なくなってきたから持ってきてくれと身振り手振りすると、すぐにとんでもって来てくれるそうです。

市内菩提寺の島原さんは惣菜をその場で製造販売していますが、鰯の山椒煮のイワシは新鮮なものを京都まで買い付けに行っているそうです。

一緒に売られていた弥平昆布はまさしく酒のアテです。

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。