.

平成28年度第3回臨時市長会議

15時から大津市のピアザ淡海で開かれた滋賀県市長会の平成28年度第3回臨時市長会議に相談役として出席しました。

最初に会長の近江八幡市長からあいさつがあり、選挙で当選した湖南市長、野洲市長、甲賀市長からそれぞれあいさつがありました。

議事に移り、まず、11月28日開催の県市行政会議の進め方についてが上程され、質疑なく了承されました。

次に滋賀県市町村職員共済組合組合会議員の選出についてが議題とされ、市長会の第1選挙区から半数の議員を指名推せんで選出することとし、大津市長、草津市長、守山市長、栗東市長、甲賀市長、野洲市長が新たに選出され、組合長の東近江市長を再選することとしました。

次に各種団体の役員についてが議題とされ、正副会長・相談役で協議した人事案件が事務局長から説明されました。

会長の負担平準化も視野に、滋賀県市町村交通災害共済組合議員に甲賀市長、滋賀県琵琶湖レジャー利用適正化審議会委員に高島市長、滋賀県国民健康保険団体連合会理事に滋賀県市長会社会文教部会長の湖南市長、滋賀県後期高齢者医療広域連合監査委員に滋賀県市長会社会文教部会副部会長の守山市長、西日本建設業㈱滋賀保証事業審議会委員に甲賀市長をそれぞれ選出することが了承されました。

次に滋賀県市町村職員研修センターへの職員派遣として、平成29、30年度に甲賀市から事務局次長、守山市から主査級を派遣することについて了承されました。

次にその他として、来年の市長選挙に関し、高島市長、東近江市長、米原市長からの推薦依頼が了承され、3人から決意表明がありました。

また、会長と相談役が平成29年度都市税財源の充実確保についての要望を県選出国会議員に行ったことの報告がありました。

最後に副会長の野洲市長から滋賀県による琵琶湖保全再生計画案についての情報共有がありました。

県が個別に市町に説明をしたいということなので、11月28日の県市行政会議で一括説明を受け、議論することとなりました。

臨時市長会議は15時30分に終了しました。

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。