.

睡魔襲来!

猛烈な睡魔に襲われて、一時帰宅。

眠くて眠くて死んでしまいそうだ。

時間もないだけに10分だけ寝ようと決心する。

ここしばらく全国あちこちを飛び回った上に、今朝も4時30分から活動していた。

しかも、気温が急に低下したため、身体の活動機能も低下したのだろう。

背広の上下だけ脱いで布団に潜り込む。

『10分だけ寝るから、10分経って起きなかったら起こしてくれ』と息子くんに頼んで頭から布団を被る。

暖かい。

しかし、頭は冴える。

眠れない。

このまま眠れないままに貴重な10分を浪費するのか。

それでも体が温まるだけ体力の温存と回復につながるだろうか。

そんなことを自問自答しながら瞬間的に意識を失った。

突然のアラーム。

10分経ったのだ。

『お父さん、寝てたか?』と息子くんに聞くと『うん』という。

なので、『イビキをかいていたか?』と聞くと『かいてたで』との答え。

おお!ちゃんと寝られたじゃないか。

妙な具合に頭はスッキリしている。

さあ、次の仕事に向かおう。

自宅の前に秘書が公用車で迎えに来ている。

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。