.

『ここぴあ』のねらい

本日オープンさせた『ここぴあ』のねらいはいくつかあります。

まずは、湖南市の農業を劇的に変化させること。

湖南市はこれまで農外収入の多い第2種兼業農家が手間のかからない水稲作を営むことが大宗を占めていました。

しかし、低迷する米価と後継者不足、さらには認定農業者の超高齢化と、今後の農業の継続に黄色信号が灯っていました。

これまでも、特産品を作付けしたいので、販売するための拠点の設置を求められてきました。

鶏が先か卵が先かの問題ですが、とりあえず十二坊温泉ゆららに販売テントを設けましたが、水稲作から園芸作への転換は進みませんでした。

しかし、農業の危機は着実に近付いて来ていました。

そこで、乾坤一擲、先に巨大な農産物の直販施設を作ってしまおうとしたのです。

ただし、単なる農産物直売所では同じ轍を践むことになります。

そこで、農業の形態も同時に変えることとしました。

水稲作から園芸作への劇的な転換へ向けて、同時にたくさんの仕掛けを行おうとしています。

農業従事者の高齢化と後継者不足に対しては、リタイアした在宅高齢者をこれから畑へと誘います。

在宅で引きこもり、寝たきりになり、介護屋の世話になるより、畑に出て、毎日野菜の成長を気にしながら、頭と体を使い、隣の畑の高齢者と会話を交わして新しいつながりを結び、できた農産物を売ってお小遣いを手にしてもらいます。

究極の介護予防を進めます。

また、子育てを一段落したママさんたちに、グルーブで農業に参入してもらい、ネットワークを活かしてあちこちつながり、技術を活用して6次産業にまでつなげてもらいます。

何か活動したいみなさんを支援する。

『ここぴあ』はそうした新しい食文化の創出もサポートしていきます。

農福連携の観点からは、障がいのある人の雇用に農業を最大限活用していきます。

みなさんの丁寧な農作業は、たちまち高品質な機能性野菜を生み出していくはずです。

当然、若い世代の就農には、全力でサポートしていきます。

就農資金、住宅、技術、機械など、さまざまなニーズに、JAこうかが指定管理者となる『ここぴあ』は、親切丁寧に応えてくれます。

こうした取り組みを通じて、耕作放棄地を優良な農地に転換していきます。

農業経営の大規模化を進める政府の方針とは少し異なりますが、地産地消、地域で経済を回し、安全安心な食文化を創出していくことは、その先が強いくにづくりにつながっているところで同じであると考えます。

農協改革により、農協系統も再編されます。

JAこうか自身も『ここぴあ』を最大限に活用して、農家だけでなく消費者のことも視野に入れた健全経営のできる組織体となってほしいと思っています。

『ここぴあ』の西隣には、さらに農家レストランや展示農場を展開する予定です。

観光も視野に入れた一大農業改革を一気に行います。

なにより、市民のみなさんのご理解とご協力、そして、積極的な参加をお願いしたいと思います。

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。