.

公立甲賀病院とかかりつけ医

朝から甲賀市水口町の公立甲賀病院を見ていると、やはり外来がかなり混雑している。

それは、一口に言って旧水口町の一次診療体制が確立していないためであり、せっかくの二次救急施設としての高度な医療資源が最適に活用されていないことがよくわかる。

しかも、そのために外来待ち時間が長くなり患者の満足度が下がるとともに、スタッフの負担も増やし医療従事者の満足度を引き下げている。

公立甲賀病院では原則として救急を断らないという方針を打ち出したが、その表裏の関係として旧水口町の安易な一次受診を地域のかかりつけ医に誘導してもらわなければならない。

これはこれまで放置され続けてきた甲賀市の地域医療政策が改めて試されているのであり、月末に政権が交代する甲賀市役所の力の見せ所でもある。

なぜなら、甲賀市水口町の一次診療施設をいつまでも湖南市が支えるいわれがないからである。

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。