.

出陣式

9時から湖南市中央2丁目の選挙事務所において、本日告示された湖南市長選挙の出陣の式を執り行いました。

空模様は回復しつつあるものの相変わらずどんよりとして、事務所前にはテントが張られました。

後援会長のあいさつで幕を開けたこの選挙戦、引き続き来賓を代表して連合滋賀会長、滋賀県議会議員、湖南市議会議長が祝辞を述べました。

主だった来賓は今朝ではなく本日夕方にお見えになる見込みです。

引き続き、候補者から、①人口減少社会を受け入れ、これまでとはまったく違うまちづくりをする必要があることを市民の共有としたい、②とりわけ高齢世代が選挙権のない子どもたちや生まれていない次の世代のことを考えてほしい、③全国金太郎飴のまちづくりは時代遅れで、市民みんなの知恵と力が求められている、④地域経済の活性化のため、抜本的に農業を改革して高齢者や障がい者、UJIターンなどが参入できるよう魅力あるものにしていきたい、⑤地域自然エネルギーの地域経済循環による新しい地域創造モデルを確立していきたい、⑥子育てや教育など次の世代を支える施策を充実するための負担のあり方の見直しを市民と議論をスタートさせていきたい、⑦防災減災による市民の生命を守るために市役所庁舎建て替えの議論を責任を持って進めていきたいことなどについて、選挙戦に向けて訴える所信をお話ししました。

さらに、選対本部長から選挙上の注意として、このまま無投票であれば、午後5時から祝賀会を行うとの報告があり、ガンバローコールで火蓋を切りました。

みなさんとの握手も早々に選挙カーの車上の人となりました。

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。