.

集中決裁

9時40分からは集中決裁としました。

人権擁護課長からは法務省に推薦する人権擁護委員候補者の案についてや人権行政の進め方、多文化共生推進プランの概要について、生活環境課長からは甲賀広域行政組合で進められている衛生センター建替えに備えて公共公益施設用整備基金条例に清掃施設を加える条例改正案について、会計課長からは資金運用について、都市政策課長からは草津線複線化促進期成同盟会による草津線線区に愛称を付けるかどうかの照会について、健康福祉部理事と子育て支援課長からは病児保育や学童保育、小規模保育について、総務課長からは入札やおうみ自治体クラウドについての説明を受け、それぞれに対して修正すべきところに意見を述べ、指示をしたうえで決裁をしました。

とりわけ、草津線線区の愛称については、先日の総会の場で滋賀県議会議長代理の副議長と同盟会会長で総会議長の滋賀県知事が『草津線を忍者線にしてはどうか』と軽く触れただけで、総会議事として取り上げられたものでもなく、構成市町は意見を述べておらず、理事会で正式に議論されたものでもないものを、文書照会だけで意見集約する手法は合意形成手続としていささか乱暴であり、同盟会の足並みを乱す恐れがあることから、もう少し丁寧な手順が必要ではないかという意見を付すように指示しました。

本日、山口県の松浦正人防府市長から為書きをちょうだいしました。

古武士のような全国市長会の会長代理です。

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。