.

平成28年度湖南市総合防災訓練・発起

8時に緊急メールが届きました。

本日は平成28年度湖南市総合防災訓練を行います。

訓練想定は、地域防災計画の実効性を高めるため、地震想定による訓練とします。

当然、道路は損壊していますので、自動車が使えない想定で、何年かぶりに自転車を運転します。

息子の自転車を引っ張り出しました。

8時16分、無事、市役所に到着しました。

所要時間は12分。

高校生の頃と同じタイム!途中で何人もの職員を追い越してきました。

午前8時に発生した震度6強の地震で湖南市役所東庁舎は一部倒壊、8時20分に安全を確認し、建物内への立入りが許可されました。

防災服に着替え、代替施設であるサンライフ甲西に災害対策本部が設置されました。

8時30分現在、停電中です。

【訓練想定】 午前8時、南海トラフを震源とするマグニチュード9.0の地震が発生し、湖南市では震度6強を観測した。

地域防災計画に基づき、自動的に災害対策本部を立ち上げるとともに、職員も自主参集、参集途上での被災状況等の情報を収集、各職場到着後は施設の安全点検を実施した。

熊本地震を教訓とし、市役所東庁舎、西庁舎とも1階部分が激しく損壊、倒壊の恐れもあるとし、庁舎内での執務を断念、サンライフ甲西に災害対策本部を開設した。

現時点では発災直後の混乱で十分な情報がない。

地区連絡所を設置、情報収集・伝達、避難所設置など住民避難支援等の初動体制に移行した。

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。