.

「第66回社会を明るくする運動湖南市推進大会」

10時からは、湖南市中央のサンライフ甲西で「第66回社会を明るくする運動湖南市推進大会」

が開かれました。

この運動は、戦後間もなく、犯罪を犯した子どもたちの更生に銀座商店街の人たちが立ち上がったことを契機として、昭和26年7月から犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える国民運動として続いています。

最初に鉄拳のパラパラ漫画が上映されました。

続いて、谷市社会福祉協議会会長から幸せの黄色いハンカチをイメージした黄色の羽根と『おかえり』という取り組みについて触れたあいさつがあり、次に第66回運動に関する内閣総理大臣メッセージが市長に対して伝達されました。

それを受けて市長から、保護司をはじめ、更生保護女性会、人権擁護委員、民生委員児童委員、学校関係者、青少年育成市民会議、少年補導委員、社会福祉協議会等関係者に対するお礼を込めたあいさつを述べました。

式典終了後には、湖南市で少年の立ち直りを支援している『青少年指導支援の会』の取り組みについて講演があり、その後、啓発のぼり旗の設置をしていただきます。

毎日見たくなる市長の
ホームページ、目指しております。